宇都宮不動産売却

宇都宮の不動産売却査定サイトProduced by 河内土地建物株式会社

宇都宮の不動産売却査定専門サイト

栃木県宇都宮市を中心とした不動産売却査定を専門としています。

不動産売却査定のことなら
栃木県宇都宮市を中心とした不動産の売却査定専門のスタッフがそろった
私たち河内土地建物のお任せください!!

028-673-1122

不動産を無料で査定する 不動産売却について相談する

MENU

不動産売却査定とは?

簡単売却無料査定フォームから、物件情報の必要事項を入力して頂くことにより、売却希望の不動産について、無料にて価格査定を依頼できるというサイトです。
経験豊富な専属スタッフより、お電話またはEメールにて、査定結果を速やかにご報告させて頂きます。

売却審査から不動産売却までの流れ

  • 「宇都宮不動産売却」サイトの「売却無料査定フォーム」より売却査定を申込。

    売却無料査定フォームの必要事項をご入力。簡単に不動産の売却査定を申し込み頂けます。

  • 当社の専属スタッフより売却査定後の結果をご報告させていただきます。

    お申込み頂いた不動産の確認をさせて頂いた上、価格査定を実施致します。
    結果はお電話、またはEメールにて速やかにご報告申し上げます。

  • 査定結果を参考にしていただき、売却条件を整えたうえで当社と媒介契約を締結します。

    媒介契約の種類は3通り(専属専任、専任、一般)ございます。特徴も様々ですのでお客様にとって一番良い方法をアドバイスさせていただきます。

  • 依頼不動産の販売活動を開始。

    当社の販売ツール(レインズ登録、インターネット掲載、現地販売会など)を用いて、販売活動を行っていきます。

  • 購入希望者が現れたら、契約内容の調整を行います。

    契約内容は、購入希望者によって様々です。当社が仲介に入りまして価格、条件など、明相手方との調整を行います。

  • 売買契約の締結

    買主様より代金の一部が手付金として支払われ、売買契約が締結されます。残代金の支払日、不動産の引き渡し日等がここで決定します。

  • 残代金決済・不動産の引き渡し

    いよいよ最終段階です。不動産売却に必要な書類を完備して頂き、司法書士立会のもと残代金の受領、不動産の引き渡しが行われます。ローンの残債等がある場合は、同時に返済の上、抵当権の抹消手続きを行います。最後まで、当社のスタッフがお手伝いをさせて頂きますのでご安心下さい。

不動産を無料で査定する 不動産売却について相談する
売却無料査定フォーム
査定したい物件の情報をご入力ください。
種別を選択して下さい
住所(都道府県) 栃木県
住所(市区郡)
市区郡
住所(町名番地以下)
町名番地以下
建物(占有)面積
土地面積
新築時期  年  月頃  または 築  年
間取り
現況
査定物件との関係を
教えて下さい
査定を希望する理由を
教えて下さい

査定方法

現地等を調査させて頂き査定します。
※こちらを選択された場合は、 TEL( 携帯可)の入力をお願いします。

いただいた情報を基におおよその価格を査定します。

希望・ご要望
お客様の情報をご入力ください。
氏名(漢字)
  例:河内太郎
氏名(フリガナ)
  例:カワチタロウ
連絡先メールアドレス 例:info@k-tt.co.jp

▼確認のため再度入力

電話番号 例:028-610-7739
備考
個人情報取扱いへの同意

個人情報の取扱いについて

ご入力いただいた個人情報は、今後の展示会・セミナー開催や製品・サービスのご案内などのために利用させていただきます。また、当社グループ各社及び委託・提携先(配送業者等)にて利用させていただくことがありますので、予めご了解下さい。なお、当社のプライバシーポリシーについては、こちらをご覧ください。
クリア
審査の考え方

【不動産売却査定の方法とは】

不動産の売却査定には「机上査定」「現地査定」があり、まずは書類やヒヤリングなどから「机上査定」で大よその価値を算出し、実際に現地を訪れる「現地査定」を行うことで、最終的な査定を行っていく流れとなります。

『机上査定』

机上査定は、書類などから読み取れる物件データ(土地面積、建物面積、間取り、築年数等)と、価格データ(周辺の売り出し事例や成約事例・公示地価等)を組み合わせて、不動産の価値を算出する手法です。
また、所有のマンションであれば賃料やランニングコスト(水道代、電気代、エレベーターメンテナンス費用等)を考慮することで、より正確に価値を算出していきます。

<現地査定>

「机上査定」で大よその価値を算出したら、次に実際に現地を訪問して行う「現地査定」へと移ります。
「現地査定」では、書類などから見えてこない、日当たり・通風・眺望・設備の状態といった点を重点的に確認していきます。
さらに周辺の騒音や治安などの周辺情報を含めた形で、最終的な不動産の価値が算出されます。

【不動産査定を本気でお考えの方は】

最初に書類での査定をご依頼される際には、出来るだけ正確な情報を調べてご記入頂くことで、最終的な査定額に近しい金額を算出することができます。
大体で記入してしまったり、査定金額を上げようとデメリットを隠した形で査定してしまうと、最終的な査定額を聞いてがっかり、といったことにもなりかねません。 まずはご自身の所有されている不動産について、書類などの情報を整理することが、正確な机上査定を導く最初の工程となります。
大よその金額を知りたい場合には、周辺の売り出し事例や成約事例を参考に比較査定を行ってみるのも一つの方法。
とはいえ、本気で不動産売却をご検討の方は、必要情報を揃えて気軽にプロに査定依頼をかけていただくのがお奨めです。 ご自身の不動産の価値をきちんと把握して、計画的な不動産売却を行ってください。

 

不動産を無料で査定する 不動産売却について相談する
不動産売却まめ知識

不動産を売却する前に、これだけは知っておいて欲しい情報をまとめました。売却を検討している方は必ずご一読ください。

【売却価格の決定について】

実際に不動産を売却する場合、当然売却価格が必要になります。
とはいえ、いきなり価格をつけることは出来ませんので、不動産仲介会社に依頼して不動産の査定を行ってもらうことになります。

ただし、出された査定金額通りに売却を決めなければいけないというルールはありません。もちろん売却するのであれば1円でも高く売りたいですし、
通常は「売りたい価格」>「査定価格」となることが多いので、 希望の金額と売れる金額のギャップを埋める作業が「売却価格」の決定とも言えます。

注意したいのは、売ることを優先しすぎて、実際の売却価格が目標の金額を大きく下回り、生活を圧迫してしまうような事態を避けること。
そのためにも、売却価格を決める際には『最低売却価格』をきちんと決めておきましょう。
ローンの残金や売却にかかる諸経費などをきちんと計算し、実際の売却価格が『最低売却価格』を下回る場合には、不動産の売却を一度見直す必要があるかもしれません。 疑問や不安がある場合にはまず不動産仲介会社に相談してみてください。

【媒介契約について】

不動産を売却する際には通常、不動産会社に依頼し「媒介契約」をかわすことになります。
「媒介契約」は、仲介サービスの内容と手数料などを明確にする大切な書類ですので、よく確認しましょう。
媒介契約には、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類があります。
「専属専任媒介契約」は、仲介を1社のみに依頼する契約で、他の不動産会社に仲介を依頼することは禁止されます。
「専任媒介契約」は、専属専任媒介契約とほぼ同じ内容ですが、自分で売却先を見つけた場合には、不動産会社を通さずに契約できる点が異なります。
「一般媒介契約」は、複数の不動産会社に同時に仲介を依頼することのできる契約で、 目的に近しい購入希望者を紹介した仲介会社と最終的に契約を結ぶ形になります。
また、自分で売却先を見つけた場合には、不動産会社を通さずに契約することができます。

【売却にかかる諸経費】

不動産の売却には様々な諸経費が必要となり、売却価格がそのまま手元に入るわけではない点も注意しなければいけません。
売却価格を決める際にも問題になるので、きちんと理解して整理しておきましょう。
ここでは、代表的な諸経費を紹介します。

<仲介手数料>
仲介を依頼した不動産会社へ支払う費用。費用は媒介契約によって異なります。
<印紙税>
不動産の売買契約書に貼って納税します。
<譲渡所得税>
不動産の売買によって利益が出た場合には、所得税と住民税が課税されます。
<建物解体費用>
建物を解体して引き渡す際に必要となります。
<その他>
引っ越しや不用品の処分にかかる費用。
不動産を無料で査定する 不動産売却について相談する

©COPYRIGHT ピタットハウス河内土地建物株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.