MENU
ピタットハウス 河内土地建物

宇都宮の不動産情報

お問い合わせ

スタッフブログ

2017年9月16日

10年越し

水陸両用バス

湯西川ダムで運行中
10年前、親子体験イベントがあり、1000名の募集に応募したけど、申込者多数で外れた。

(その頃は川治ダムだったかな⁉)

 

思い出す度に、行こうと確認していたけど、

その度に、運行中止中だったり、

ダムの水が少なかったりと、

なかなか相性があわなかった。

 

この度、乗車できました。
入水前、一旦停止!!

 

いざ、入水………  

 

無事浮きました(笑)

 

 

 

 

ダムなので、

穏やかな水面

 

天気にも恵まれて

   

さすがに山の中、見る風景は

木々ばかりでしたが、のんびりした遊覧でした。

 

遊覧後は、ダム施設内の見学です。

男性の方で高所恐怖症の方は後ずさりしてました。

 

 

エレベーターで地下まで下りて、通路を通る中、

ダムの施設や建設工程などの説明を受けて、

外に出るとダムの壁がそびえたってました。

 

 

この傾斜は、

高梨沙羅ちゃん(今は綺麗なお嬢さんですね)が滑る、

ジャンプ台の角度と同じだそうです。

ほとんど、直角!!!!!!!

 

一番上にある、四角に開いてるの部分は、

水位が満タンになったときに、自然放流となるところです。

この水位までなってしまったら、

下流は大変な洪水になってしまうことでしょうね。

 

 

点検用の階段、高かったぁ

人生初のヘルメット、工事用ヘルメットを被りました。

 

日光地区には、4つのダムがありますが、

近隣の市及び近県の飲料水を補っているようです。

 

長年の思いが叶い、楽しいひと時を過ごせました。

遊覧からダム見学 所要時間80分

12月中旬くらいまで、やっているようです。

窓がないので、雨の日、寒い冬の日は、覚悟がいるかもしれませんね。

 

 

2017年9月16日

 |