MENU
ピタットハウス 河内土地建物

宇都宮の不動産情報

採用情報 お問い合わせ

スタッフブログ

2020年1月9日

ベテルギウスデス

夜空を見上げる機会はどのくらいありますか?

寒さ厳しい最近はあまり見てませんでしたが、ベテルギウスが暗くなってるというニュースを聞いて久しぶりに見上げてみました。

・・・本来ならかなり目立つはずなのに、確かに暗いです。

ベテルギウスはオリオン座の肩の部分にある赤い1等星で、そもそもが変光星なので明るくなったり暗くなったりを繰り返しているそうです。とはいえ、今までにないくらいの暗さを呈しているので超新星爆発の前触れじゃないかと考える学者たちもいるようです。

もし超新星爆発があれば満月級の明るさになるそうですが、本当に起こるかどうかは誰にもわかりません。見られたらスゴいことです。

写真はちょっと(どころかかなり)分かり辛いかもしれませんが最近のオリオン座(の胴体部分、白線)です。おおいぬ座のシリウスとこいぬ座のプロキオンとベテルギウスで冬の大三角(赤線)を形成しているのでぜひ、実際の夜空で捜してみて下さい。

でも・・・

 

寒いですよ!!!

2020年1月9日

 |